仮想通貨に疲れた人へ、疲れにくい投資法

仮想通貨を取り扱ってるサイトでこんなこと書くのもアレですが、

仮想通貨は間違いなく疲れます

ハッキング、国の規制、要人の発言、世界経済情勢など、様々なところにアンテナを張り続けている方が多いと思います。

しかも、24時間365日世界中の人が休むことなく取引しているので、相場が止まることは無いです。

「どうすれば疲れないのか?」という話ですが、「仮想通貨を完全に辞める」のが答えになると思います。

いきなり「きっぱり辞める!」というのも難しい話なので(趣味の一環でやってる、辞めた後も相場が気になり手を出してしまうetc…)、程々の付き合いにする方法を書いて行きたいと思います。

-目次-

長期(年単位)で見る
価格のチェック回数を減らす
インデックス運用に変える
インフルエンサーの発言を真に受けない
草コインに手を出さない
投資額を減らす

長期(年単位)で見る

楽観的な話になりますが、ビットコインをはじめとする仮想通貨は、まだまだ黎明期で、これからもどんどん新しい技術や機能が追加されて行くでしょう。

また、仮想通貨は、発行上限が有限であるデフレ型(ビットコインだと最大2100万枚)のものが多いので、需要>供給になるようなモデルになっております。

発行上限が無限でも発行数が毎年減っていく方式(半減期)が主なので、「イーサの発行量は無限だから~」とか単純に言ってるのはあまり参考にはなりません。

よって、世界中で禁止されたりしない限り、無価値になる可能性は低く、年単位で見れば伸びていくと思っております。

短期の値動きで一喜一憂するのも楽しいですが、それによって疲弊していくことが多いです。

仮想通貨と長く付き合いたいのなら「どっしり構える」ことが一番のコツです。
(THE DAOの件は未だに根に持ってますが…)


価格のチェック回数を減らす

数分から数十分毎にコインの価格をチェックしていませんか?

取引所の公式アプリとかBlockfolioとかスマホですぐに価格チェックできるアプリが沢山ありますが、アレこそ疲れの原因ですよホントに…

価格のチェック回数を1日に2,3回程度にしないと、学生や仕事をしている方にとっては、精神的にも肉体的にも負担が大きいです。

「機会損失」とか「逃げ遅れる」とかあるかもしれませんが、長期で見ているなら一瞬の価格で一喜一憂してもあまり意味がありません。むしろ仮想通貨で人生の機会損失をしないでください。


インデックス運用に変える

インデックス運用は、市場の平均価格(価格指数)と同じような価格の動きを目指して行う運用方法です。

ビットコイン、ライトコイン、イーサリアムなど市場総額の上位銘柄でポートフォリオを組んで(要はバランス良く買って)、積立やへそくり感覚でやれば、特定のコインが下落しても、そのコイン単体で持っているよりは影響は少ないです
(ただし基軸であるビットコインが安くなると他のコインも安くなりますが…)


インフルエンサー(影響力の大きい人)の発言を真に受けない

よく、twitterやブログなどで情報配信してる人が「このコイン伸びるから買え!」とか「買わないと乗り遅れるぞ!」など、危機感を煽るようなことを言っております。

煽ってる人の大半は、そのプロジェクトに詳しいわけでもなく、Githubで開発の進捗状況を把握しているわけでもなく、公式に連絡取って開発実態があるのかどうかも把握しておりません。

彼らとしては、価格を釣上げて貰ったり、アフィリエイトを踏んで貰えば満足なのです。

なので、彼らの言うことは参考程度に考えておきましょう。


草コインに手を出さない

草コインは、目利きが良ければ、購入額の10倍20倍の価格になりますが、プロジェクトが実態のない詐欺だったり、開発者が蒸発したりする可能性が高いです。

また、広報担当が「画期的な機能を追加する(実装に何年もかかる)」と発言し価格を吊り上げるといった行為が日常茶飯事です。

草コインを持ち、値動きや蒸発リスクに対して常に神経を尖らせるのは、非常に疲れます。

草コインは、手を出さないか本当に無くなっても後悔しないお金で持ちましょう。


投資額を減らす(なくなっても後悔しない額で投資する)

投資額が大きければ大きい程、価格下落時の下げ幅が大きくなります。
下がった時に自分が精神的ダメージを受けない額に抑えましょう。

500万円分買ったコインが20%値下がりした場合、マイナス100万円となりますが、それを許容できるかできないかの話です。

出来ないなら投資額を減らすべきでしょう。

当たり前の話ですが、生活に影響を及ぼすような額を投資するのは、専業の方を除いて辞めた方が良いです。


他にもあったら随時追加して行きたいと思います。

仮想通貨を知ったとき、あんなにワクワクしていたのに、今では少しの価格変動で一喜一憂してしまう悲しき性…

シェアする