【解説付き】Neblioのウェブウォレットを使ってみた【ウォレット作成編】

NeblioがNeblio Orionというウェブウォレットをリリースしたようなので、さっそく使ってみました。

2クリックでトークンまで作れちゃうらしいです(XCPとかWAVES並に簡単なのかな?)

今回の記事では、ウォレットの作成、バックアップフレーズの作成、ウォレットの出力について解説します。

-目次-

1.ウォレットの作成

2.リカバリフレーズの生成

3.ウォレットファイルの出力

1.ウォレットの作成

ウェブウォレットは以下のURLよりアクセスします。
https://orion.nebl.io/

下の「I AGREE, GET STARTED」をクリックして同意する

早速、左側の「ADD WALLET」よりウォレットを作成する。

一番上の「CREATE NEW WALLET」を選択。

「PERSONAL WALLET」と「SHARED WALLET」があるが、1人しか使わないので、「PERSONAL WALLET」そのままで、「WALLET NAME」に適当なウォレット名を入力し、「CREATE NEW WALLET」を選択する。

さて、これでウォレットは生成できましたが、アドレスやウォレットを復元するためのフレーズは不明なままです。


2.リカバリフレーズの生成

ウォレットの作成は完了しましたが、そのままでは環境が変わった時に、このウォレットに2度とログインできなくなってしまいます。試しにそのままNEBLを受け取ってみようとすると…

早速、neblioを受け取ろうとすると怒られる。

そりゃ、リカバリフレーズもキーファイルも無いままだと二度とウォレットにログイン出来無くなりますね…。

というわけで、そのまま「BACKUP NOW」を選択するか、右上の歯車マークの設定メニューより「BACK UP」を選択しましょう。

リカバリフレーズは、コピペ出来ないようになっており、紙にメモって欲しいとのことなのでメモするか画面を印刷しておく。(流出対策のため、PCに残さないで欲しいんですかね?)

メモしたリカバリフレーズ順に、下の語群をクリックして上に並べる。
並べたら「CONTINUE」を選択する。

ここまで来たら、リカバリフレーズ生成作業が完了です。

この後、別のブラウザよりログインする場合は、以下のように「INPORT WALLET」でログイン出来ます。


3.ウォレットの出力

ウォレットファイルをExportしてみましょう。

右上メニューを選択し

「Advanced」を選択

「Export Wallet」を選択する。

パスワードと確認のためもう一度パスワードを入力して「DOWNLOAD」すると、ウォレットのファイルがダウンロードできます。

別の環境よりログインする際は、ダウンロードしたウォレットファイルを選択(アップロード)し、パスワードを入力して「IMPORT BACKUP」を選択すれば、再びウォレットに入ることが可能となります。

画像のせいで、記事が長くなったので、Neblioの送受信やトークン作成は別記事で解説したいと思います。

【解説付き】Neblioのウェブウォレットを使ってみた【NEBL送受信編】

【2クリックで作れる】Neblioトークン作成レポート【1000兆枚】

シェアする