【2クリックで作れる】Neblioトークン作成レポート【1000兆枚】

以前の記事でも紹介したように、NeblioチームがNTP1を公表し、Neblioブロックチェーン上にトークンを作成できるようになったので、実際にトークンを作ってみました。
(NTP=Neblio Token Protocol)

Neblio公式が2クリックで作れる!と言ってましたが、果たして本当か?

作成したトークンが欲しい方は、仰って頂ければ送ります!(要らんやろ)


というわけで作成画面になります

OrionウォレットのACTIVITY画面より「MANAGE NTP1 TOKENS」とあるので作成してみます。

トークンのパラメータを設定する画面が出てくるので入力します。

ADD ICON:アイコン画像をアップロードする
TOKEN SYMBOL:BTCとかETHみたいな略称
ISSUER:発行者
QUANTITY:発行数
TOKEN NAME:トークン名
METADATA:トークンに設定するメタデータ。詳しくは知りませんが、イベントチケットを表すトークンだったら、会場の座席情報のメタデータを含めたりして使用するようです。

というわけで、パラメータを入れてみました。

TOKEN SYMBOL:STRK
ISSUER:Daapps
QUANTITY:1000000000000000 (1000兆枚)
TOKEN NAME:Sento Ryoku

突っ込みどころが色々あるかと思いますが、発行上限がどれぐらいまで設定できるか試してみたら、「1000兆」まで可能だったので設定しました。

入力したら、「ISSUE」をクリック(1クリック目)

手数料は、10NEBL(この時12000円位)と、WAVESとかXCPより高いです(こんなふざけて作る人もあまり居ないと思いますが)

問題なければ「CONTINUE」をクリック(2クリック目)

アクティビティを確認すると確かに発行されています。

「MANAGE NTP1 TOKENS」の「TRANSFER」より送ることも可能です。

試しに、自分のもう1つのウォレットに送ったところ、アクティビティ上には「Recived NTP1 token」としか表示されておりませんが、しっかりと受け取っております。


2クリックでできると聞いて、「どうせもっとするだろ」とか「価格吊り上げかよ」とか思った方がいらっしゃるかも知れませんが(私です)パラメータ入力を除くと

2クリックで作成できました!

ウォレットのインタフェースも直感的に使えて分かり易いので、まだまだ伸びるプラットフォームだと思います。

「今回作成したトークンが欲しい!」とか「トークンの送受信を試してみたい!」という方は、コメント欄やTwitterでご連絡下さい!!

最後に

「わたしの戦闘力は1000兆です」

これがやりたかった