LISKマイニング(VOTING)の実態

LISKを実際にマイニング(VOTING)して、どれぐらい増えるのか?元手はどれ位必要なのか?
といった記事があまり見当たらないので(皆さん言わないだけかも知れませんが
私の持ってる知識と実際にマイニング(元手12800枚)した感想を本記事で書いて
いきたいと思います。

・LISKマイニングしたことないけどどうなの?
・これからマイニングしてみようかな?
・そもそも儲かるの?
と、お考えになられている方向けです。

本記事は、LISKの悪いところも含まれているので
LISK大好きな人は見ない方が良いと思います。


まず、マイニング(VOTING)でどれくらいLISKが貰えるかというと、元手や投票相手にもよりますが、2018年1月時のブロック報酬で年12%前後(月0.9%前後)となります。

LISKをVOTINGするためには、先に出てきた投票(vote)を行う必要があり、最大101人にvoteした場合、4LSKが徴収されます。

LISKをVOTINGするためには、取引所から外部のウォレットに送る必要があり、送金手数料は0.1LSKとなっているので、別途初期費用0.1LSKが必要です。

VOTING益を売却するために取引所のウォレットに送る際も0.1LSK必要となるので、こまめに売却しようとすると、そのたびに0.1LSK取られてしまい地味に痛いです。

報酬の支払時もLISKの送金手数料が必要となり、そちらは支払者が負担しておりますが、支払予定額から送金手数料を引いた分(実質自己負担)が支払われているのかは、私では確証が取れていません。
投票者次第かな?詳しい方いらっしゃいましたら情報お待ちしております。
というか。0.5LSK貰うのに0.1LSK取られるとか理不尽やろ…

投票先によっては、結構な量の報酬が溜まらないと支払ってくれないところもあります。
最低払出額が高い

さらに半減期でブロック報酬が毎年減少(今年は25%減)するため、貰える枚数も減ります。
(一般的に半減期が来ると価格が上昇すると言われているので、これはデメリットとも言えません)

よって、LISKをVOTINGはじめて、最初に必要となる手数料を1ヶ月で回収しようと思ったら投票先を最適に割り振ったとしても、5~600枚以上は用意しないと厳しいです。

私は、12800LSKでVOTINGして、ひと月100LSK前後貰えましたが、20円の値下がりで1ヶ月分のVOTING益が消し飛んだ記憶があります。月0.9%貰えてもそれ以上に値下がりしたら損です。

1ヶ月程度で売り払ってしまう人は、正直VOTINGするよりも、取引所の値段を眺めていた方が儲かると思います。

簡単にまとめると

・投票手数料で4LSK必要

・送金するたびに0.1LSK取られる

・最低支払料が投票先によって異なる

・ブロック報酬が毎年減少する(しかし価格は上昇しやすい)

・元手5~600LSKで初期手数料を1か月で回収できる

・1年で約10%以上安くなったら損をする

デメリット(?)ばかり書いてきましたが、LISKはこれから価格上昇する材料がたくさんあるので、私も応援しておりますし、長い目で見ると良いと思います。

シェアする